公益財団法人 聖バルナバ病院

キリスト教精神に基づき、1942年(昭和17年)に助産師教育を開始した、歴史と伝統のある学院です。

助産師は性と生殖のスペシャリストです。
助産師になるには看護師の資格をもち、さらに出産の専門職としての教育を受け、厚生労働省の国家免許を取得しなければなりません。

助産師は、女性の健康、特に妊娠、出産、産褥の各時期において必要なケアや分娩を介助し、新生児のケアそして、家族および地域社会の中にあって健康教育にも携わっています。

助産師は英語で"Midwife(ミッドワイフ)"と呼び「常に女性と共にいる人」という意味を持っています。
お母さんになる方を励まし、かわいい赤ちゃんやご家族の皆様のサポートができる助産師をめざし、日々勉強に励んでいます。
現在までの卒業生は2000名を超え、日本全国の施設だけでなく世界各地で活躍しています。

カリキュラム

聖バルナバ助産師学院の教育課程

看護学校卒業後、1年間で助産師として必要な知識と技術を学びます。実習は、聖バルナバ病院を中心に大阪府下の助産所、その他で行います。 授業科目のほかに特別教育活動としての宗教倫理、クリスマス行事、学会参加などがあります。

【授業時間及び単位数】

授業科目:20単位(510時間) 助産学実習 12単位(540時間) 総合計32単位(1050時間)カリキュラム

【時間割】(例/5月第2週の時間割)
 
朝礼
8:45~8:55
         

9:00 ~10:30
助産診断
技術学概論
助産学概論 分娩期の助産
診断技術学Ⅱ
生命倫理 宗教倫理 分娩期の助産
診断技術学Ⅲ

10:40 ~12:10
性と生殖 分娩期の助産
診断技術学Ⅲ
産褥・新生児期の
助産診断技術学Ⅱ
生命倫理 母子の健康と
環境
分娩期の助産
診断技術学Ⅲ

13:00~14:30
分娩期の助産
診断技術学Ⅲ
妊娠期の助産
診断技術学Ⅱ
妊娠期の助産
診断技術学Ⅱ
妊娠期の助産
診断技術学Ⅰ
母子の心理社会学 両親学級見学

14:40 ~16:10
分娩期の助産
診断技術学Ⅲ
乳幼児期の助産
診断技術学
妊娠期の助産
診断技術学Ⅱ
妊娠期の助産
診断技術学Ⅰ
産褥・新生児期の
助産診断技術学Ⅰ
両親学級見学


施設案内

教室
教室
学院ホール
学院ホール
実習室
実習室
図書室
図書室


スケッティ―ノ潤子 第59回生(1982年度卒業)  

私は現在オーストラリアの公立病院で助産師・ラクテーションコンサルタン トとして仕事を致しております。
私が助産師という仕事に憧れて聖バルナバ 助産師学院に入学したのは32年前の事です。
学院の諸先生、病院の先輩方 から母子看護・助産の基礎知識や技術そしてそれをどのように母子に提供す れば良いかを懇切丁寧に教えて頂きました。
学院での学びが、後にオースト ラリアで再びこの道を歩む決心をした時に大いに役に立ちました。
この仕事を通して多くの専門職の方に出会い、貴重な経験をさせて頂き精神的にも大 きく成長出来たと思っています。
助産師という仕事は私にとって単なる生活 の糧ではなく「自己実現」そのものだったように思います。
多くの後輩の皆 様に是非この素晴らしい専門性を体験して頂きたいと願っています。

芽愛助産院 木村厚子 第65回生(1985年度卒業)  

卒業当時には考えてもいなかった「開業助産師」として、8年目を迎えてい る私です。
長男が先天性心疾患と診断された時に総合病院で勤務することに 限界を感じ、その後は子育てとの両立ができる場所を選び、助産師として働 き続けました。
私の中にある助産師として働くことの充実感がその原動力に なっていましたし、聖バルナバ助産師学院で培っていただいた聖職としての 助産師の在り方が今も私の助産師としての心意気の根幹になっています。
現在はトラウベを使うこともなくエコー・モニターとME機器を駆使すること が、多い日々ではありますが、助産師はその手の温もりを伝えることがケア するうえでは不可欠だと思っています。
その手を通して磨かれた経験がいの ちを見極める力になるのだと思います。
新しいいのちを未来に繋ぐことがで きる使命をもつ「助産師」という仕事に就けたことに日々喜びを感じていま す。この充実感を是非・・・。

谷前友理 第95回生(2013年度卒業)  

私が数ある助産師学校の中から聖バルナバ助産師学院を受験した理由は、私が聖バルナバ病院で生まれていることと、私の母も聖バルナバ助産師学院の卒業生であったからです。
助産師学生としての1年間は想像以上に忙しく責 任の重い職業を目指しているのだと実感することばかりでした。そんな思いの中頑張ってこられたのは、志と時間を共にする仲間がいたからです。
助産の実習は大変ですが、だからこそ絆が深まりみんなで支え合うことができま した。
私は卒業後聖バルナバ病院に就職し、助産師として働いていますが実習で病院の環境には慣れていたため、1年目で覚えることが多い時期にスム ーズに適応できたことが良かったと思います。
また、伝統があるので、先輩 にも卒業生が多く、同窓会など世代を超えた交流があることもいいところだと思います。

ページ上部へ戻る


磯橋 歩

看護学生の時に母性看護学を学び、人体の神秘や命の誕生に感動しました。 それ以来、母性看護から助産学を極めたい、妊娠・出産はもちろんのこと、女性の一生を通じた健康の保持増進をサポートしたいという思いが強くありました。 入学してからは、専門的なことを学ぶため難しい部分もありますが、自分の好きな分野であるため、強い思いを胸に楽しく学ぶことができています。 学友には臨床経験のある人や様々な社会経験のある人がいるため、不安や焦りを感じることがありますが、良い刺激も受けつつ日々成長を実感しています。

中野 沙耶

学生時代に生命の誕生に感動し、一度助産師を志しましたが、卒業後は整形外科・皮膚科の看護師として働いていました。 しかし、助産師になりたいという思いを諦めきれず、働きながら1年予備校に通って勉強し、進学することができました。忙しい毎日ですが、充実した日々を送っています。

西窪 りさ子

医療とは関係のない職場で働いていましたが、自身の出産経験を通して助産師になりたいと思い、看護の道に進みました。 看護学校を卒業後は看護師として数年勤め、助産師を目指し進学しました。今は、家族のサポートを得ながら子育てと学業を両立しています。 知識や技術に学ぶべきことは多く、本当に忙しいですが、夢だった助産学を学んでいる楽しさを大いに感じる日々です。

西村 紗弥花

大学卒業後に大学院の助産課程に進学しましたが、資格取得のための勉強に専念したいと考えて本校で一から学び直すことにしました。 分娩介助実習以外にも両親教室の運営や思春期教室の運営、助産所実習等学びの機会が充実しており、助産師として女性の一生涯を支えるためのスキルに繋がると感じました。志を共にした仲間と夢に向かって日々の学習に励んでいます。

三島 裕香

看護学校の母性看護学実習で、助産師さんは褥婦さんに寄り添い、関わりやケアを通して苦痛や不安を緩和していました。 私もそのようなケアが行えるようになりたいと思って助産師を志し、本学院に入学しました。 入学当初は不安もありましたが、20人みんなで協力しながら助産学を学ぶことができ、充実した日々を送っています。

森本 佳奈

4年制大学の看護学部に通っていましたが、学部にも大学院にも助産学を専攻する課程がありませんでした。
看護師国家試験の勉強と並行して進学のための勉強も頑張りました。分娩件数が多く実習施設が充実していて、長い伝統がある本校を選択して入学しました。日々の課題に、技術の自主練習にと忙しい毎日ですが、経験を重ねつつ夢をめざして頑張っています。

ページ上部へ戻る

学院見学会


あなたが目指す助産師とは、どのような助産師ですか?
聖バルナバ助産師学院では、知識と技術を身につけ自律した助産師になることを支援します。

助産師国家試験受験資格を得るために、1年間のカリキュラムの説明をいたします。
1回のみです。ぜひご参加ください。


  • 日時:2017年8月4日(金)13:00~15:20(受付12:20より)予定いたしております。
  • 場所:聖バルナバ助産師学院・聖バルナバ病院5階コミュニティスペース
入学試験説明会のスケジュール
12時20分
受付・学院見学(希望者)
13時00分
オリエンテーション
学院長挨拶
13時10分
  • 1.聖バルナバ病院理事長挨拶
  • 2.聖バルナバ病院看護部長(理事)挨拶
    • 1)助産学生実習受け入れについて
    • 2)奨学金制度について
       
  • 3.学院の概要と入試についての説明
  • 4.在校生・卒業生からのメッセージ
  • 5.フリータイム
    • 1)在校生・卒業生との交流
    • 2)個別相談(希望者)
    • 3)募集要項の販売
             
15時20分
終了・解散
終了後、病院見学(希望者)
申込方法※参加申込人数が会場の定員に達しましたので受付を終了させていただきます。

個別の学院見学は受け付けております。見学日は 8月19日(土)・9月16日(土)いずれも13時~です。
お申し込みはお電話にてお願いいたします。


◎ 往復はがき、Eメールいずれかの方法でお申込ください。

【往復はがきでお申し込み】

往信(宛名面) 〒543-0032 大阪市天王寺区細工谷1-3-18
聖バルナバ助産師学院 入試説明会参加申込み
往信(文 面) (1)お名前(2)住所(3)連絡先(4)事前ご質問
(5)個別相談、病院見学希望の有無をご記入ください。
返信(宛名面) 参加される方の住所・氏名
返信(文 面) 何も記入しないでください。案内文を印刷して返送いたします。

【Eメールでお申し込み】
「参加申し込みフォーム」から送信してください。

※申込み後1週間以内に当校より返信がない場合はお電話でお問い合わせください。

参加申込みフォーム
その他

フリータイムや終了後に、「2018年度 学生募集要項」の販売を致します。

入試の状況
年 度 推薦入試 倍率 一般入試 倍率
2017年度 8.3 6.4
募集要項
募集要項
専門実践教育訓練給付金制度
専門実践教育訓練給付金制度について
聖バルナバ助産師学院同窓会からのお知らせ
年会費納入について
ページ上部へ戻る
〒543-0032 大阪府大阪市天王寺区細工谷1-3-18 TEL:06-6779-1675 FAX:06-6779-1287 メールアドレス:sage17.gakuin@barnaba.or.jp

Copyright(C)St.Barnabas'Hospital.All rights reserved.