公益財団法人 聖バルナバ病院

看護部

  1. TOP > 
  2. 看護部

看護部の理念

看護部は、病院の理念に基づき、感謝の心をもって病院を訪れるすべての方に、安全で、安心と信頼していただける医療サービスを提供します。

看護部長ごあいさつ

看護部では、看護部理念に基づいて、特に親子の絆を大切に、安心安全をモットーにライフワークバランスも考慮しながら、誇りを持って看護活動を行っています。

また、看護部職員はチームワークもよく、「患者様に寄り添った看護」を目指して、日々看護業務に取り組んでいます。

看護活動は組織図のラインに基づいた日々の業務と、委員会・研究会・プロジェクト活動とが縦糸と横糸を織り込む様に組み合わさり、看護の質向上、患者サービスの向上に繋がっています。

看護活動の充実に向けて、新しい取り組みも次々に進めており、聖バルナバ病院の誇れる歴史の上に、私たちの活動の成果を積み重ねて更に発展をしていく事を願っております。

看護部組織図

看護部組織図

看護部の理念

看護部は、病院の理念に基づき、感謝の心をもって病院を訪れるすべての方に、安全で、安心と信頼していただける医療サービスを提供します。

  1. 親と子の絆を大切にし、優しい言葉と笑顔で、心のこもった看護を実践します。
  2. リプロダクティブ・ヘルス/ライツを尊重し、家族の発達と女性のライフサイクル各期に応じた質の高い継続看護を目指します。
  3. チーム医療の一員として、看護の専門性を発揮し、国際的視野を持って地域のニーズに応えます。
  4. 伝統的な聖バルナバ病院の品格を継承し、豊かな人間性と深い教養を身につけ、自己研鑽に努めます。

理念解説

  1. 親と子の絆を育む事は、社会構成の最小単位である家族形成の第一歩であり、私たちはそのステージにある方々に、寄り添い、暖かいケアを提供することで、健全な社会づくりに貢献していく。
  2. 性・生殖に関する健康とは、個の生命の健康にとどまらず、種の保存につながる事である。すなわち、次世代の健康、子孫の繁栄へとつながっていくものである事を意識して、継続的に関わっていくべきであると考えている。
  3. チーム医療を形成するコ・メディカルメンバーの一員として、看護の持つ専門性を発揮し、その成果を高めることも大切な役割である。そして、世界の動向を視野に入れながら、地域社会の要請に応じていく事がチーム医療の発展に繋がるものであると信じている。
  4. キリスト教精神の伝統をよりどころに、生涯学習を通し社会人としての教養、職業人としての専門性を積み重ね、人生の実りと豊かさを追求していくこと。

看護部の委員会・会議

■看護部拡大業務委員会

各グループのリーダーを構成メンバーとして看護業務の改善、質の向上に向けて活動する各グループの連絡調整を行う。
また、看護マニュアルやシリーズの見直し改正を行っている。

看護記録グループ
電子カルテの看護システム導入に備え看護記録の整備を行っている。
母乳育児推進グループ
母乳育児推進のために教育・研修・調整を行い日々のケアに活かしている。

■看護部拡大教育委員会

各グループのリーダーを構成メンバーとして新人教育、看護職員のキャリアアップ、学生指導を担当する各グループの活動の連絡調整を行う。
また、クリニカルラダー導入の準備を行っている。

OJTグループ
新人から卒後2年目ナースの現場教育を、指針に基づいて行う。
また、プリセプターシップの計画・準備・推進を担当している。
スキルアップグループ
院内集合教育の計画、実施を行い看護職員のキャリアアップを図っている。
学生指導グループ
4校の看護学生の実習受け入れ調整を行い実習成果を向上させている。
グリーフケア
研究グループ
グリーフケアに関する職員の意識調査や学習会の企画運営等を行っている。

■学院と協同委員会

助産師学院とのユニフィケーションを計り活動の成果を高めている。

臨床指導者会
助産師学生の臨床実習に関する連絡・調整を行っている。
思春期教室研究会
主に中学生・高校生対象に、学校からの要請を受けて性教育を中心に講座を開いている。

■会議

看護師長・主任会議
(主任補佐を含む)
報告事項として人事・教育・業務に関する連絡と各委員会の活動報告及び、院内の会議や院外の関連団体(OGCS・看護協会etc)の報告等を行う。
協議事項として看護部としての決議すべき事の意見交換をし、結論を導き出す。
部署会議  4F 病棟会
3F 病棟会
2F 外来会
1F 外来会
看護師長・主任会議の報告を受けて伝達事項を周知する。
各部署毎に教育・業務に関して各々の活動報告を行う。
各部署毎に協議すべき議題の意見交換を行い決議する。

看護部の活動

Copyright(C)St.Barnabas’Hospital.All rights reserved.