公益財団法人 聖バルナバ病院

チャプレンからのメッセージ Back Number

● クリスマス随想"助産師だっていただろう!"

救い主イエスがお生まれになった日、それを祝うのがクリスマスだ。
この方を通して、神が私たち人類をどんなに大切に思っておられるか、私たちが互いを大切にしあって生きることがどんなに重要かが知らされた。
これがキリスト教会からのメッセージである。このイエスが30歳から3年間、その言葉と行動で、“神の愛“を説かれ、反対者によって十字架に処刑されることになるのだが、逮捕される前に、”過越祭 “という、かつてユダヤの民がエジプトでの奴隷状態から解放されたことを祝う祭りの食事を弟子たちとなさった。
これが” 最後の晩餐“である。イエスはその折、今後自分を思い出すたびにこういう食事をせよと命じられた。
これが礼拝のかたちになり、聖餐式(Holy  Communion)−別名ミサ(英語でmass−マス)−と呼ばれるものになった。
クリスマス(Christmas)の名称の由来は、キリスト(Christ)の降誕を祝うミサ(mass)に由来する。

この時期、教会ではイエス誕生の場面を再現した人形(クレッシュ)が飾られる。多くの画家が絵にもしている。
そこの登場人物は、天使ガブリエル、家畜小屋の飼い葉桶に寝かされた幼子イエス、マリア、ヨセフ、羊飼いたち、羊たち、東方からやってきた3人の博士たち、宿屋の主人、らくだ、牛、ろば、以上である。これはイエスの生涯を記した新約聖書の福音書、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの内、ルカとマタイ、旧約聖書イザヤ書に依拠している。 ローマ帝国支配下、徴税のための人口調査がなされ、ユダヤ人は本籍地へ戻った。ヨセフの本籍地ベツレヘムでマリアは出産するはめとなった。
さて、私が聖バルナバ病院のチャプレンをしている今、それまでなかった思いが頭をよぎった。出産の時、ヨセフがイエスを取り上げたのだろうか? そう、近年上映された映画ではそういう描き方がされていた。
でも私は思う。ベツレヘムにも助産師はいただろう。旧約聖書でモーセが生まれる状況の中、時のエジプト王ファラオによる幼児虐殺命令が出ていてさえ、幼子たちを救ったのは助産師たちだった。 出産に立ち会ってきた彼女たちが、命の尊さを自覚するが故に、幼子たちを救ったのだった。 人口調査で、どこの宿も満員の中、せめて屋根のあるところへでもと、妊婦のマリヤと夫を泊めてくれた宿屋の主人が、産婆を、あるいは助産の経験がある者を呼ばないであろうか。
そしてベツレヘムの町の片隅で、幼子の誕生を喜んだのではないか。もちろんヨセフは同伴分娩だ。イエスもそういう男に育てられた。 そう、あのクレッシュ(クリスマス飾り)には助産師も入れるべきだ! そんな思いがるすクリスマスである。

●"教会"と"チャペル"の違いって?

屋根のてっぺんや壁などに十字架が取り付けられている建物を見ると、「あっ、教会だ」などと言う方が多いと思います。

ところが、教会というのは本来、建物のことを指す呼称ではありませんでした。
新約聖書は、イエスが生まれた当時の地中海世界で一番よく使われていた言語“コイネー”と呼ばれる通俗ギリシャ語で書かれています。

“教会”と訳された言葉は“エクレシア”となっています。スペイン語などは、これに近い“イグレハ”という言葉で残っています。 “呼び集められた者の群れ“というニュアンスです。
主導権は神様の側にあるというわけで、信仰共同体を指すものだったのです。迫害された時代には、カタコンベと呼ばれたローマ地方の地下墓所がキリスト教徒の集会所になっていたことは良く知られた話で、決して建物を指す名称ではありませんでした。

一方、“チャペル”を英和大事典で調べてみますと、13世紀の中世ラテン語カペーラ(cappella—ケープ、フード外套)から来ているそうで、「聖マルチンの外套などを保存する聖堂が原義」とありました。 そういう経過を経て、学校、病院、刑務所、船、大邸宅などに付設された礼拝堂(室)とか、教会付設小礼拝堂を指すようになったということです。
こうして、聖バルナバ病院と繋がりを持つ「聖公会」という教派に連なる学校(桃山学院、プール学院)、施設(聖ヨハネ学園、博愛社等)などにはチャペル(付属礼拝堂)が設けられています。

●"チャプレン"って?

このチャペルで働く司祭、牧師、宗教行事係を“チャプレン—chaplain”と呼びます。日本語で言えば「礼拝堂付き牧師」ということです。 これでは長すぎる呼称だったからでしょう、聖公会では“チャプレン”とそのまま使われてきました。 誰かが、喜劇王チャップリンと綴りは一緒だと言っていたのでそんなはずはなかろうと念のために調べましたら、チャーリー・チャップリンのほうは“chaplin”でした。 一字違いですが、人を感動させるチャプリンにはあやかりたいものです。

この4月からチャプレンとして赴任しました私は、神学校を卒業しましてから、十三にある聖贖主(あがないぬし)教会牧師・博愛社(児童養護施設)チャプレンとして15年、豊中市北部にある東豊中聖ミカエル教会牧師・聖ミカエル保育園園長で8年、桃山学院大学チャプレンで6年働いてきました。

そして8年前から当病院を東に下った細工谷交差点のすぐ近く、環境科学研究所の南隣にある大阪城南キリスト教会牧師、布施駅南西にある聖ガブリエル教会牧師・博愛社こひつじ乳児保育園チャプレンとして働いてきました。
4月から上長に命じられ、当病院のチャプレン(非常勤)として関わらせていただいております。

ページ上部へ戻る
〒543-0032 大阪府大阪市天王寺区細工谷1-3-18 TEL:06-6779-1600(代表) FAX:06-6779-2520

Copyright(C)St.Barnabas’Hospital.All rights reserved.